フィットネスクラブPAJA

トップ > 加圧トレーニング > 5大要素 > アンチエイジング

アンチエイジング

アンチエイジングとは?

年齢と共に顔や体が変化してくることは誰でも経験することですが、『加齢に伴う体の変化に対抗していく』というアンチエイジングの考え方は、美容面だけでなく、健康な体で生きていくためにも、とても大切ですよね。
いつまでも若々しくいるためのアンチエイジングの方法はいろいろありますが、一番大切なのは、抗加齢(=アンチエイジング)なライフスタイルを積み重ねていくことです。
たとえば、スキンケア、食生活、体を動かすことにも注意を払い、それを日々続けていくことで、素肌だけでなく、内臓も筋肉も心も若々しさを保つことができるのです。
要するに、健康的な若々しさは、自分自身の努力で手に入れることができるということですね。
これからは、年齢は実年齢に従うのではなく、体や心の年齢を自分で決めていく時代。
これが「アンチエイジング」のもっとも大切な考え方です。

<抗加齢医学>
「健康長寿」を目的に、加齢現象や老化のメカニズムの検証や、予防医学の視点から老化を考える医学分野。アメリカでは1992年に、日本では2001年に学会が設立されています。
  

老化の原因

現在、さまざまな研究結果から、加齢や老化の原因が解明されてきています。
簡単に説明すると、その原因は4つです。

  • 1、遺伝的な要因
  • 2、ホルモン分泌の低下
  • 3、細胞の酸化
  • 4、肥満

遺伝的な要因については、現在のところリスクの程度を認識して予防することにつきますが、2、3、4は、自分の努力しだいでその要素を減らしていくことができます。
まずは自分自身の体をよく知り、健康に興味を持ち、知識を身につけ、日常生活の中でできる努力をし続けていくこと。
この努力を怠ると、早ければ30代くらいから、何らかの体のバランスが崩れ、徐々に病気へとつながってしまうのです。

  

大人にも大切な成長ホルモン

「成長ホルモン」と聞くと、「成長期に必要なホルモンのことね!」と思われる方が多いのではないでしょうか。
実際に、20歳くらいを頂点に、その後の分泌はどんどん減っていきます。
しかしこの成長ホルモンは、代謝を促進したり、臓器や筋肉をつくったり、傷を治したりするなど、一生の間、大切な役割を果たしています。さらに、ハリとうるおいのある肌づくり、記憶力の強化など、若さと健康をキープする上でも重要なホルモンで、アンチエイジングのキー的存在と言えるでしょう。