フィットネスクラブPAJA

ダイエット

食事制限は理想のダイエットではありません

画像

たいていの女性が、今までに一度は、体重の減量を目標にダイエットしたことがあるのではないでしょうか。そして、その方法は、食事の制限がほとんどだと思います。

たしかに、カロリー制限をすれば一時的に体重を落とすことはできます。でも、カロリー制限を永遠に持続させることは難しいため、多くの人はいつのまにか元の食生活に戻ってしまいます。

無理なカロリー制限によるダイエットがリバウンドしやすいのは、脂肪と同時に筋肉も落ちてしまうため、代謝が下がり、少し食べただけでも太りやすい体になってしまうからです。というのは、1日の消費カロリーのうち、約7割を占めるのが基礎代謝です。そして基礎代謝のほとんどが筋肉量によるため、筋肉量が減ると消費カロリーも大幅に下がってしまうのです。

よく耳にする「1ヶ月で○キロ痩せたが、リバウンドして体重が元に戻った」という話は、この筋肉量と基礎代謝の関係が原因です。また、食事による体重の減量は、身体にも多くのストレスをあたえます。
このようなダイエット方法が、正しいわけはありません。

では、身体によいダイエットとは、どのようなものなのでしょうか。

  

身体によいダイエットとは?

まず始めに、体重を減らすこと=ダイエットではないという事を、念頭におきましょう。
そしてダイエットを効果的に進めようと思うなら、まず筋肉をつけ、基礎代謝を上げることを目的とするべきです。そうすれば、日常生活の中で自然と脂肪を燃焼させ、ダイエットすることができるのです。

なぜなら、筋肉がつき代謝が上がれば、脂肪が燃焼しやすい身体、そしてカロリーを消費する身体へと変化するからです。このような身体になれば、無理な食事制限をしなくても体重をコントロールできるようになるのです。

最近では、家庭でも体組成計(体脂肪計)が普及していますので、体重だけではなく、筋肉量や体脂肪率をダイエットの指標としてチェックするといいでしょう。体重だけを気にするダイエットは卒業です。

  

加圧トレーニングがダイエットに効く理由

そして加圧トレーニングがダイエットに効くのは、運動そのものでのカロリー消費だけでなく、日常生活での消費カロリーを増やすトレーニングだからです。
勘がいい方は気づくと思います。そうです。加圧トレーニングは筋肉量を増やすトレーニングと言えるのです。

しかしここで、「えっ!? 私はあまり筋肉をつけたくない」と思った方もいるのではないでしょうか。

大丈夫です。

筋トレ目的ではない女性でも、体幹部を中心に筋肉をつけることでムキムキな身体でなく、理想的なしなやかな身体へと生まれ変わる事が出来るのです。
筋肉自体は脂肪より重いので、最初は、思うように体重減少につながらないかもしれません。しかし、結果的にみれば、それが長期にわたるダイエットの成功につながります。

また代謝をあげる以外での脂肪燃焼効果も加圧トレーニングの魅力の1つです。

  

有酸素運動だけのダイエットは大変!?

画像

脂肪を燃焼させるためには、ウォーキングや軽いジョギング、自転車こぎ、スイミングなどの有酸素運動を15分以上続けるといいと言います。
さらに、このような15分以上の有酸素運動を週2,3回繰り返すと脂肪燃焼(ダイエット)に効果的とされています。
では、実際に15分の有酸素運動でどれくらいのカロリーが消費されるのでしょうか?
例えばジョギングの場合、体重や走る速度にもよりますが、せいぜい100キロカロリーといったところでしょうか。
これを週に3回繰り返したとします。1ヶ月で約12回。単純計算すると合計で約1200キロカロリーということになります。
一方、1キロの体脂肪を落とすためには、どれくらいのカロリーを消費したらよいでしょう?
答えは、なんと7700キロカロリーです。
前述のジョギングだと、6ヶ月続けたとしても、1キロの体脂肪も落ちない計算になります。
有酸素運動だけで脂肪燃焼させることが、実際にはいかに大変かがわかりますよね。

  

加圧トレーニングとダイエットのメカニズム その1

それでは、なぜ、加圧トレーニングだとダイエットに効果的なのでしょうか。
まずは、加圧トレーニングがどのようなメカニズムで脂肪燃焼に働くのかを説明します。
加圧トレーニングを行うと、成長ホルモンが大量に放出されます。成長ホルモンはさまざまな働きをしますが、その一つが、体脂肪を遊離脂肪酸へと分解し、血中に放出することです。ここで有酸素運動を行うと、遊離脂肪酸は燃焼されてエネルギーに替わります。
そこで加圧トレーニングの直後には、トレッドミル(ランニングマシン)や自転車エルゴメーターといった有酸素運動を組み合わせているのです。

画像

加圧トレーニングとダイエットのメカニズム その2

さらに、成長ホルモンには、筋肉を合成する働きもあります。
この筋肉の合成にも遊離脂肪酸はエネルギーとして使用されるので、加圧トレーニングで筋肉をつけることは、直接、脂肪燃焼にもつながるわけです。

加圧トレーニングは、

  1. 1.トレーニングそのものによるエネルギーの消費
  2. 2.筋肉を作るためのエネルギーの消費
  3. 3.筋肉がつくことによって、普段の生活での脂肪燃焼を促進

という3つの脂肪燃焼のメカニズムが働くことから、週1回でも有効なのです。

始めに、有酸素運動を週に2,3回、半年間行ったとしても1キロの体脂肪を落とすのも難しい説明をしました。
では加圧トレーニングではどうでしょう。
なんと週1回、1,2ヶ月間のトレーニングで1キロの体脂肪減が可能なのです。

「体脂肪がなかなか落ちない。体脂肪率が変わらない」とお悩みの皆さま、ぜひ加圧トレーニングを始めてみて下さい。